はら商会
menu

ブログ

HOME > トラックのマメ知識 > 中古トラックの相場

中古トラックの相場

2018年9月16日

こんんにちは。(^^)
日曜のお昼どき、美味しいの食べてますか♪ 明日は、お年寄りの日ですね!数年前までは、9月15日でしたが、いつの間にか9月の第3月曜日となりました。数日前のブログにも書きましたが、この敬老の日、ある村長さんの言い出しで始まったそうで、人ひとりの思いが、今では日本全国民の休日になっているのですから、凄いですね!自分のことでは無く、人のこと、他人を思う純粋な気持ちだからこそ、広まったんでしょうね!はい!では、さようなら~って感じですけど、違う違う(笑)

中古トラック屋のブログですから、トラックの事を書かなきゃ!
ということで、最近の中古トラックの相場と言いますか、今は、トラックの相場=オークション相場になっていますから、オークション相場ですね~

北は北海道、南は沖縄?九州ナンバーは見た事があります、福岡とか大分とか。某有名メーカー主催(は~し~れ!走れ~~!) のオークション会場が幕張にありますので、行ったり、行かなかったりで勉強しています。パソコンでリアルタイムで参加出来ますが、本気で落札する時は、やはり会場に行きトラックを確認します。

私がトラック中古車屋に就職したのは23年前。その頃は、大型車でも4トン車クラスでも、新車から10~15年程経過したトラックは、も~解体車というのが、ほぼ常識。お客様から買い取る価格も、30万円?~40?50~60万円いけば最高だろ~!という感じでした。走行距離も60~70万キロ走っていれば、もう、お疲れ様でした!という感じで、国内での再販もほぼ不可能だったと思います。中古車屋さんで、中古車として再販されているトラックは、5~7、8年経過、走行距離も50~60万キロくらいまでというのが、ある程度の目安でした。

ちょうどその頃から、発展途上国での経済成長があり、日本のトラックは良く出来ていると人気急上昇!もちろん日本では売れない古いトラックがバカ売れ!海外から外国人バイヤーさんも続々と来日、もぉ~!トラック中古車屋、解体屋さん、部品屋さん、オークション会場、トラックを売るお客さん、皆さんの常識が変わってしまいました。

なんせ、それまでオークション会場で競り落とされる価格が、100万円?150万円?という価格が、同じレベルのトラックで、300万!400万円~もっと!!となってしまったのですから、そりゃもう・・・(゚Д゚;) 相場もこの業界全体も変わってしまい、解体屋さんという仕事が、意味を無くしてしまいました。解体して、部品として売るより、そのまま手間も掛けず売ってしっまった方が、早く高く売れるからです。しかも、リサイクル法と重なり、それまで、大ハンマーと酸素バーナーでドッカン!ドッカン!やっていた昔ながらの解体屋さんは、「ナニ!リサイクル?火で燃やしちゃダメ?パソコンで?いちいち報告??? 面倒クサ!てか分かる訳ね~だろ~」と廃業してしまう解体屋さんが続出しました。

オークション会場も段々と盛況となり、海外の人も増え盛んになりました。毎週行われるオークション、出品台数もその頃は500~600台前後だったと記憶していますが、最近では800台~先週は、1000台を超えました。トラックが余っているんですね~!発展途上国も、あまりにも古いトラックの輸入規制や、左ハンドルに出来ていないクルマは輸入禁止とか、自国のクルマメーカーを守る為に(ある意味当然)日本の古いトラックが売れ先に困り余ってきました。

海外のバイヤーさんや、他社との買取競争により、古いトラックでも高く買い取ってしまったトラックが、一般ユーザーさんにも再販できない、外国にも売れない、で余っています。ということは・・・相場が下がっています。少し前までは、10年前後落ちの大型ウイング車などでも100~200万円超、辺りで落札されていましたが、今は同クラスで、30~40万円でも落ちない・・・(◎_◎;) これは、ビックリしますでしょ!!!

あと目立ちますのが、新車から10年~15年~経過しているトラックでも、走行距離の少ないクルマ、コンディションの良いトラックは、ビックリするほどに、値がついています。エー!新車とあまり変わらないじゃん!というのもあるのでオドロキです。

今年はサンマが豊漁で値段も下がっていますが、サンマは食べてしまえば無くなるけど、トラックは食べられないもんね~~🚚💧

ので、中古トラックの相場は下がり気味です。
古くていいよ~!安くていいよ~!というお客様にはお得情報でした♪

ちょ~っと曇りさんですが、暑くも寒むくもなく体が楽ですね(笑)
お爺さん、お婆さんがご健在の方は、会いに行ったり、電話するなどもいいでしょう♪
では♪楽しい日曜日をお過ごしください♪ごきげんよう(^^)♪

TOP

お役立ち情報

さらに記事を見る