はら商会
menu

ブログ

HOME > トラックを売りたい > トラック高価買取!って本当ですか?

トラック高価買取!って本当ですか?

2018年12月15日

お客さんや、お知り合いの方に、「トラック高価買取!ってよく見かけるけど、本当にどこよりも高く買ってくれるの?」と聞かれます。答えは4パターン!

 

答え その1 本当です。

お客様からトラック買取依頼を受け、まずは、どこの業者さんでも現車を確認、買取査定を行います。帰社して勉強、後日お客様へ「〇〇〇万円でどうでしょうか?」ドーン!と私が聞いてビックリするくらいの価格をつける業者さんが居ます。まさしく正真正銘の高価買取。

 

 

答え その2 そこそこ。

トラックの買取価格は、年式・走行距離・仕様・装備・程度により大体の相場というものがあります。景気の動向、メーカー、車種、グレードにも異なります。日々変わっていく相場を把握する為に、業者さん達は、全国各地で行われているトラックオークションのデータをくまなく調べ、常に勉強しています。そのトラックはいくら位で取り引きされているか?帰社して勉強。状態が非常に良く、ピッカピカで誰もが欲しがる様なトラックでしたら、相場価格帯の上限、もしくはそれ以上を提示する場合もありますが、年式相応、まぁ~普通?どこのオークション会場でもすぐに仕入れる事が出来る様なトラックですと・・・そこそこ。。

 

 

答え その3 後出しじゃんけんポン。

この後出しじゃんけんポンタイプけっこう多いんです。しかもお客様を怒らせてしまうパターン。査定を終え後日報告しますと言って帰社。3~4日…1週間近く経っても連絡が来ないので、お客様が問い合わせをすると「他社が出している買取価格は、いくら位ですか?教えて下さ~い!お願いしま~す。」とお客様の出方を窺います。お客様が他社の価格を伝えると、1万~2万円~数万円と上乗せして強引に決めてしまいます。ある意味、どこよりも高く買ってくれる業者さんかもしれませんが、お客さんを試しているのが見え見えです。そんな時間は勿体無い。弊社はいくらで買います!というお客様に対する誠意が感じられません。時間を大切にするお客様には向きませんね。

 

 

答え その4 怖すぎタイプ。

私が経験した実話です。
千葉県のお客様から、大型ダンプの買取依頼でした。初めてのお客様、訪ねますとコッテコテのダンプ屋のオヤジさんでした。ダンプの運転席に乗ろうとした瞬間「オラ~!靴脱いで乗れや~~!」言われながらも無事に査定終了。後日「〇〇〇万円で買います。」と伝えしましたら・・・「他の業者は原さんより10万円高う~買っていく言うとるけど、どうする~?」言われましたので。「ハイ!ではその方より更に10万円上乗せさせて頂きます。」伝えましたら・・・「原さ~ん!またまた原さんより10万円高う~買う言うとるけど、どないしますか~?」・・・(困)「ハイ!ではその方より10万円乗せて買わせて下さい。」伝えましたら・・・・・いかついお客さんが、細々と「原さん。もう勘弁して下さい。その業者が事務所に押しかけて来て、「いいかげんにし~や~。。。」って今言われているんです。(大汗) 怖すぎ!噂には聞いていましたが、まさか自分が経験するとは思いませんでした。こちらもある意味、高価買取です。(私はもちろん断りました。)

 

 

 

 

 

何の商売でも仕入れた物に、利益を乗せて売らなければ商いが成り立ちません。トラック中古車屋も同じです。高価買取を謳い文句に一般ユーザーの気を引き、自社の利益に繋げていく。もちろん高く買ってもらえれば、売った人も助かるかもしれません。が・・・そこで、売る人も、買う業者もお金しか見ていない、その4 怖すぎタイプへ行ってしまうと、トラブルの元となります。互いに「人」を見て、その人を想っての高価買取が出来たら最高ですね。

 

 

 

日頃の使われ方、乗り方、メンテナンスの仕方で買取価格は雲泥の差です。要らなくなったから、ハイ!ポイ!いくらで買うんじゃ~~!ではトラックさんが可哀想です。仕事の相棒、人生の相棒、大切に乗ってあげてください。そうすれば、どこのお店でも本当に高価買取になるはずです!

 

※この件以来、弊社では後追いはしません。一発勝負!幸価買取です。

 

売る人も、買う業者も、またそのトラックに乗って働く人、そのトラックで荷物を運んでもらう人達も助かる、世間良し!三方良しの気持ちで、幸価買取!

 

 

 

 

高価買取という文字に踊らされることなく、自分に合った買取業者、中古車屋さんを探してみてください。こんな業者とは業者の私もお付き合いしたくありません>>トラック買取、危ない業者の見分け方

 

トラック買います。はら商会 No.13

 

 

 

 

 

 

 

TOP

お役立ち情報

さらに記事を見る

お知らせ

2019/05/06業界動向

現在最新のお知らせはありません