はら商会
menu

ブログ

HOME > はら新聞&はらハガキ(バックナンバー) > はら新聞☆第26号☆2017年5月号

はら新聞☆第26号☆2017年5月号

2020年11月15日

♦節目♦

 

こんにちは!トラック相談!販売・買取!はら商会 代表の原です。

はら新聞 26号をお送りします、どうぞよろしくお願いいたします。

先日、東京竹橋から出港している東京湾クルーズで、古希のお祝いパーティーをしました。私の奥様のお母様(元気バリバリ70歳)をドッキリ!させるため、お母様は長男家族と6人で乗船。長女、次女家族9人は別行動で船に潜り込み、パーティールームに訪れたところをみんなで「おめでとうございま~す🎉」と、お声がけをしてサプライズ大成功!大変驚かれ!お母様もみんなも泣いちゃいました。(泣) いつも元気で明るいお母様。自分の事より、人の事。繊細に人の事を気遣う心や、大胆な行動をとったりと、きっと経営者だったら凄い人だろうな~といつも思っています。

 

 

人にはいろんな節目があります。生まれてから、お宮参り、お食い初め、七五三、入学や卒業に成人式。結婚や出産、親になるのも節目ですし、お爺さんやお婆さんになり、定年して新たな人生を送るのも節目です。還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿と数え切れないほど沢山あります。食べ物に一生困らない様にとの願いでお食い初めを行い、長生きしたことを祝う寿の数々。年齢を重ねるごとに変わる価値観の変化なども目には見えない節目だと思います。私ごとき人生を振り返るにはまだまだ早いですが、ひとり隠れて泣いたとか、本当に辛い、どうしよう・・・という状況を超えて、行動を起こした時が節目と言いますか、転機だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

早いもので、今年末お父様の17回忌法要ですが(奥様のお父様) も~お母様は毎日元気です!カラオケ、グラウンドゴルフに日帰り温泉、数ある飲み会に、国内旅行や海外旅行!私より予定表は満杯です。(笑) きっと何事にも明るく前向きに行動しているお母様の、気・に皆が励まされているのだと思います。節目や転機は自分の行いで変わります。元気で楽しい!古希になれるよう調子コキで頑張ります!(笑)

 

 

 

 

 

♦原がおすすめ今月の一冊♦  なぜ世界は日本化するのか

佐藤芳直 著 扶桑社   ~我々は日本人らしく生きていけばいいんだ~

 

私達の国日本は、世界最古の王朝の下、2600年以上の「日本国としての歴史」を刻み、世界随一の安定継続定住社会を築いてきました。西洋諸国は植民地を作って、植民地の富を奴隷の力で収奪する。日本は古来より奴隷制を使う社会ではなく、労使一体の強い経営基盤をもった老舗大国です。読み・書き・そろばん、江戸時代から教育水準の高さは世界でも群を抜いていました。誰が見ていなくとも正しく信頼を積む行動をしていれば、お天道様、先祖、故郷が応援してくれると先人達は頑張ってきました。お金よりも大切なものがある。大人は子供達に希望を、明るい未来を語る責任があります。

 

 

 

 

 

 

 

♦発行者コラム♦

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。ゴールデンウイークはいかが過ごされましたか?最長で9日間お休みの方もいたそうですね・・・ 私はカレンダー通りのお休みを頂きましたが、はら商会引っ越しの準備や、日頃出来ない細々した雑用をしていたら、あっ!という間に終了。「なんだぁ~休みなんてスグだな~」と独り言を言うと、「休みのようで・休みでない!普段より皆が居るから大変だワ!」と奥様。聞こえないフリしました。(泣)

 

 

 

はら新聞☆2017年5月号☆でした。

2020年11月15日 日曜日 晴れ☼

TOP

お役立ち情報

さらに記事を見る