はら商会
menu

ブログ

HOME > トラックのマメ知識 > トラック中古車屋の日記 No.54【変化】

トラック中古車屋の日記 No.54【変化】

2021年1月16日

今日は、オークション会場へ出品車両を搬入🚚♪

今年初めてのオークション会場。

送迎バスの時間まで少し余裕があったので、会場内をプラ〜っと眺める。

レンタカーアップのトラックや、大手の運送屋さんのトラックが目立つ。少し前だったら、大手の車両の看板などは消して、オークション会場に置いてあったけど、今は看板などそのまんま。

さすがに、オークションへ出てくる時は、看板は消されているだろうけど……

大手の運送屋さんのトラック。

大手のレンタカー屋さんのトラック。

リースアップのトラック。

が…直接オークション会場へ

中古車屋の入るスキが無い。

大企業の囲い込みが益々厳しくなって来ている。メーカーと大きな運送屋さん。メーカーとレンタカー屋さん。メーカーと信販会社、リース屋さん。全部、繋がりの強さが増している感じ。

もちろん会場で、落札する事は出来るけど、中古車として一番価値があるというか、一番働き盛りというのは、新車から5〜7年経った頃から〜のトラックが一番、お客さんにとっても良いし、中古車屋にとっても一番欲しいクルマ達。

そこを大手が牛耳るチカラが強くなって来た。

(という事は、大手も大変という事だ)

新車の売り方も、車検整備全て込み込み何とかパックとか、下取りが他へ流れない様なシステム。

トラック自体の修理も、少し難しい問題があると、ディーラーへ持ち込み、コンピュータ診断を掛けないと、どこが壊れているかさえも分からない。様にしている。街中にある修理工場では分からない様に仕向けている…囲い込みだ。

一番大切な事は、使う人の身になって造っているか?販売しているか?修理しやすくしているか? って事だと思うけど……

そんな事は関係ないのか?

ま〜確かに、俺ら〜〜昔ながらの義理人情で商売やってんだ〜!気に入らね〜もんは気に入らね〜!やってらんね〜もんはやってらんね〜❗️ などと言っていたら、今の世の中ついて行けなくなるだろうけど…

昔ながらの大切なこと。

も大切なこともあるだろうにな〜

けど…頭も心も柔軟にして、勉強して変化に対応していこうとしていかないと、昔はあ〜だったのに〜…こんなハズじゃなかったのに〜…と、負け犬の遠吠えだけを、ほざいている役に立たないオッさんになってしまう。

中古車屋だけじゃない、

どんな仕事も同じだと思う。

トラックを置いて、帰りにちょいと寄り道♪

本屋さん大好き❣️30〜40分も吟味して、よし!この本を買おう!と思ったけど、まだ読んでない本がいっぱいあるので、買うの辞めた。笑

今週は2台の買取り。4台の買取り査定。

無事故・無違反で無事に仕事、生活が出来た。良かった。とてもありがたいけど、これでいいなんて事はない。よ〜く考えて実行すること。自分で考えた事を、やり続ける事だ。

今週もありがとうございました。

楽しい♪週末をお過ごし下さい。😁🎶

令和 3年1月16日 土曜日 晴れ

TOP

お役立ち情報

さらに記事を見る