はら商会
menu

ブログ

HOME > トラックのマメ知識 > トラック中古車屋の日記 No.106【事故車の見分け方】

トラック中古車屋の日記 No.106【事故車の見分け方】

2021年3月22日

トラックを販売する時、特に嫌われるのが事故車。自分だってなるべくなら事故車は買いたくないです。

なので買取り査定をする時は、事故をしているか?していないか?よ〜くよく見る。🚚👀

💁🏼‍♂️ こちら、トラックの右のドアを開けた写真。

💁🏼‍♂️ こちらは、左のドアを開けた写真。右ドアの外側のツラ面が揃っていなくて、ありゃ〜〜?と開けてみたら、あら❗️やっぱり👀‼️

右と左、どこが違うか分かりますか⁉️(指で拡大可能です)

💁🏼‍♂️ 右ドアに戻りまして…オレンジ色の◯印。ボルトが新しい。

オレンジ色の ↑ 印。ワッシャーが入っているの見えますか⁉️ 蝶番自体を外方面へ出したいから、ワッシャーを入れているんですね。 ボディー側はサンダーで削った跡もある…ちゃんと色を塗らないと〜…😅

💁🏼‍♂️ 正常な左ドアに戻りまして、赤 ↑ 印の所は隙間無くピッタリとくっついていますよね❗️これが普通。右ドアのちょうど、蝶番の辺りがコーナーパネルのツラ面と合っていない。ドン❗️と、何かに当たってしまったか?当てられてしまい奥に入ってしまいました。右ドアは交換しているか、完全に板金塗装をしています。この位の事故では、走行に支障はありませんけど、気になる人は気になります。

中古車をお買い求めになる際は、右と左、左右対称かよ〜く見てみて下さいね。🚚 🔍🤓☝️

いつもジロジロトラックを見るので、「そんなに見るの〜‼️そんな人あんまり居ないよ➖‼️」と言われる時がありますが…… すみません。自分が乗る気になって査定していますので、よろしくお願い致します。😁

今日も一日ありがとうございました。

令和 3年3月22日 月曜日 曇り

溶接箇所をよ~く見て下さい。>> トラック事故車の見分け方

TOP

お役立ち情報

さらに記事を見る