はら商会
menu

ブログ

HOME > ブログ > トラック中古車屋の日記 No.132【思い・気持ち】

トラック中古車屋の日記 No.132【思い・気持ち】

2021年4月22日

今日はトラック買取り査定🚚🎶

いつもお世話になっている、江戸川区のお得意様のトラック。

いつも査定を始める時に思うことは、あ〜…このトラックさんは、大切にされているな❣️大切にされていないな〜…💧 とパッと見た瞬間に思ってしまう。

ドライバーさんが、

・この会社で働かせてもらっているということ。

・このトラックで働く事が出来ているということ。

・このトラックで働き、お給料を戴いているということ。

・このトラックで働いたお給料で、自分が生きていけるということ、家族を養えているということ。

・このトラックで働き、人のお役に立っているということ。

を思っているか、そういう気持ちが、有るか無いかがすぐに分かる。

そんなに偉そうには言えないけど、なんとな〜くすぐに分かる。

今日査定したトラックさんは、13年落ち。同年レベルの他のトラックより、多めに走っているけど、外装もキャブ内も、エンジンオイルも、冷却水も、ドライバーさんの気持ちがある。

気持ちがある?綺麗にしよう、大切に乗ろうという、思い、気持ちが伝わりました。

汚いトラックは、キャブ内にタバコの吸い殻がポロポロ落ちて、コンビニ弁当のゴミの山。空き缶にペットボトルもゴ〜ロゴロ、窓もギドギド…ドアもベタベタ。オイルも水も真っ黒け〜〜💦💦💦

人のフリ見て原のフリを直す。

俺も同じ。自分の仕事を通して、お客さんに喜んでもらおうとしているか?いろんな人の役に立とうとしているか?もっと向上しようとしているか?もっと思い、気持ちを込めて仕事をすることだ。

今日も一日ありがとうございました。

令和 3年4月22日 木曜日 晴れ

TOP

お役立ち情報

さらに記事を見る