はら商会
menu

ブログ

HOME > はら商会news > トラック中古車屋の日記 No.142【お客さんが喜ぶこと】

トラック中古車屋の日記 No.142【お客さんが喜ぶこと】

2021年5月24日

まだ何も決まっていませんが、オークション代行を本格的に始めようと思っています。先週、長々と書いたブログ。この業界、この形、お客さんのこと、これからの事をいろいろと考えると… 何をする事が一番大切か? お客さんが喜ぶこと、ですよね~~~

乗用車の代行業は盛んに行われているようですが、トラックなどの代行業を専門に行っている業者さんは、あまり聞きません。乗用車は、型式とグレード、色、オプション装備が有る、無い、アルミホイールを履いているか?いないか?ぐらい?…で出品するのも、落札するのも分かりやすいけど、トラックは、型式、グレード、色、オプション、アルミ?の判別もあるけど、それはキャブまでの事で、それよりもボディーの作り方の方が大切で、1台1台、積載量から、ボディーの中の寸法がセンチ単位で違います。断熱の厚さ、鉄板の厚さ、丁番の数、フックの数、アオリの高さ!も~~全然違う!

しかも、陸送中にエンコでもしたら、レッカー移動。4~5㎞ 10数万円!!(2度ほど経験済)それにクラッチオーバーホールなんて事になりますと、100万円ほど!!!掛かります。(買取り後、経験済)乗用車と凄い桁違い。代行で出品した時、買った時、こんな事になったら!誰が責任を取る?

なんて思考から抜け出せないでいると、「原さん!な~に!出来ない理由ばかり考えて~~!!!」 と人生の先輩から言われました。

そうだよな~ やればできる!やらなきゃできない!簡単だ!なんていつもブログに書いてるくせに・・・

先日、お得意様からボトルカーを探してください!と依頼されて、オークションで2台落札後納車。いつもは、ボトルカー専門の中古車屋さんから買っているそうですが、価格が違い過ぎて、お客様はビックリ!私も聞いてビックリ!笑 まぁ~在庫車として持つなら、その価格差は分からないでもないですが・・・

それはお客さんに関係の無いこと。。

誰でもだいたい売る時は高く売りたいし、買う時は、安くて良い物を欲しがる。みんなだいたい同じ。自分もそうです。中には、少々割髙でもいいから、程度も値段も良いクルマを探している人も居るけど、そういう人には、そういうクルマを提案すれば良くて・・・でもだいたい、安くていいクルマを探してますよね~~笑

何回かオークション会場へ通い見つけた程度の良いボトルカー。車検整備をして、シャーシ塗装をして、キャブを磨いて、ルームクリーニングしたら、本当に新車みたいなっていました。買っていただいた社長さんも喜び、担当者さんも喜んで、ドライバーさんも、これなら喜びますよ!とのこと!そして、このトラックで運ばれるジュースを飲む人達も喜ぶ!

オー!これですよ!これ!自分が、あ~!したい!こーしたい!よりも、お客さんが喜ぶことを先に、主に考えること。

今までの仕事の仕方も大切。それに加えて、トラックオークション代行!に加えて、乗用車のオークション代行も出来るよう!日々更新したいと思っております。(乗用車はポンコツ車、安めのクルマからチャレンジします。)

今日も一日ありがとうございました。

日中暑くなってきましたね!水分補給をこまめにとって下さい。

令和 3年 5月24日 月曜日 晴れのち少し雨

先週、長々と書いたブログです。>>トラック中古車屋の日記 No.141【どこ見てる?】

TOP

お役立ち情報

さらに記事を見る