はら商会
menu

ブログ

HOME > ブログ > 豪快オヤジと、その家族たち

豪快オヤジと、その家族たち

2022年2月7日

 浦安に引っ越し、仕事も順調に進んでいったのか?現場の社員さんを2人雇い、5人体制へ。家族を守るため、社員を守るため、会社を守るため、益々仕事に励んでいたことと思います。

 

 

と同時に酒量も増えていった父。

 

 

母、姉、自分、妹2人、家族6人揃っての晩ごはん。父は毎晩晩酌。しかも毎晩泥酔するほどの酒量。そして、毎晩のように夫婦喧嘩。夫婦喧嘩というより父からの一方的な怒り。大声で喚き散らし、母の髪は引っ張るは、頭は叩くは… そして、その矛先は自然と子供たちに向けられる。

 

 

 

殴る蹴るは当たり前。クチより先に手が出てくる。さすがに女の子たちには少なかったようだけど、男、長男として、しっかり育てなくては?と思っていたのか?私には飛び切り厳しかったと思う。夜ごはんを食べていると、原因は忘れてしまったが、怒りながら、まな板と包丁を持ち出し指を詰めろと、詰め寄る父。

 

 

 

時間を守らず帰ってくれば、玄関の前で1時間2時間立たされるのは当たり前。高校生の頃だったか?反抗期になった私に対し、晩酌で泥酔状態の父は包丁片手に殺してやる~!と家の中を追いかけまわし・・・2階へ逃げる私を追いかける。階段で泣きながらそれを止める母。泣きわめく、姉と妹たち。何回もあった。

 

 

 

今でもその映像、音、鬼の形相の父。泣く母の顔、姉と妹の顔。何で?何でこんな家に生まれたんだろう?何で?何でだ?毎晩布団の中で泣いていたのを覚えている。絶対に家出をする。家を出る…と思ったのに出来なかったな~ 

 

 

 

親も身寄りもない子供たちに比べれば、両親揃って、兄弟も居て、帰る家もあって…何?贅沢言ってんの?と思われるかもしれない?大人になっていろいろ考えたけど、ん~~?でも包丁持って追いかけてくるオヤジが居て幸せか?過ぎた事を思い返してみても仕方がないが、少年期に受けた酷いショックはなかなか消えない。消えないと思っているから消えないのか?そうだろうな~

 

 

 

今だったら即逮捕だろう?TVニュースに出て、家族もバラバラ。でもよく母も我慢したこと?昔は、ちゃぶ台をひっくり返すオヤジがよく居たと言われるけど・・・ 心休まるはずの家族団らん。休んだ記憶など1度も無い。心が休みホッとしたのは、父のいない夜ごはん。父がいない家だけだ。

 

 

 

母はどういう風に思っていたんだろう?姉は?妹たちは?

 

 

父自身も、まともな家族、親、家族の愛情を受けていないと思う。

 

 

感情と怒り、酒と自分をコントロール出来なかったんだろう?これは誰にでも当てはまる大問題。この豪快オヤジの過去行動、過去心境を見習い?自身の生き方にプラスにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ…父のひとつだけ好きだったこと。昔、行方不明者を探すテレビやってましたよね?「おとうさ~ん!おかあさ~ん!おにいちゃ~ん!帰ってきて~~!」というテレビ。あれを見て、ボロボロと涙を流しながら見ていた父の顔。その心情は好きでした。 

 

 

 

今日も一日ありがとうございました。

2月7日 月曜日 No.179

TOP

お役立ち情報

さらに記事を見る